創設の経緯・沿革

工学技術者育成のパイオニアとして



創設の経緯

本学園は、設立者・校主 本庄京三郎が1922(大正11)年9月7日、時の大阪府知事 池松時和氏より設置認可を受け、校長・工学博士 片岡 安をはじめ大阪府建築課長 池田 實氏を中心に、大阪府土木課長 島 重治氏、大阪府営繕課長 中村治郎氏、大阪市都市計画部長 直木倫太郎氏、大阪市水道部長 澤井準一氏、大阪市電鉄部技師長 清水 氏、大阪府土木主事 奥村泰助氏、大阪府技師 田上憲一氏、日本電力株式会社土木部長 境田賢吉氏、大正信託株式会社常務取締役 小野捨次郎氏、薬種商 大橋導雄氏、関西石材株式会社監査役 岡崎忠三郎氏等の協力を得て創設した、関西工学専修学校がそもそもの始まりです。
当時、わが国の工業教育に対する認識は浅く、特に商業中心の大阪での工業教育機関は微々たるものに過ぎませんでした。このような時代に、将来、工学技術者の必要な時代が必ず到来することを察知し、私立学校の経営では最も難しいといわれる工業教育に、あえて踏み切った関係者のパイオニア精神は注目に値します。
その後、幾多の困難を乗り越えて、現在では、大阪工業大学・同大学院をはじめ、摂南大学・同大学院、広島国際大学・同大学院、常翔学園中学校・高等学校、常翔啓光学園中学校・高等学校を設置する学園へと成長を遂げ、約28万3千人の卒業生が社会の各分野で活躍しています。

設立者校主  本庄 京三郎 、初代校長 理事長  片岡 安

沿革

広島国際大学開設~

1998(平成10)年
広島国際大学を開設。医療福祉学部(医療福祉学科、医療経営学科)、保健医療学部(看護学科、診療放射線学科、臨床工学科)を設置
1999(平成11)年
摂南大学大学院に国際言語文化研究科(国際言語文化専攻)修士課程を増設
2000(平成12)年
大阪工業大学工学部に昼夜開講制を導入
大阪工業大学大学院に情報科学研究科(情報科学専攻)修士課程を増設
2001(平成13)年
広島国際大学に人間環境学部(臨床心理学科、言語・コミュニケーション学科、感性情報学科)を増設
大阪工業大学高等学校普通科に情報コースなど増設
工業科を2科5コース制に改編
自動車科、電気科、土木科を募集停止
2002(平成14)年
大阪工業大学情報科学部に情報メディア学科を増設、情報処理学科を情報科学科と改称
工学部の土木工学科を都市デザイン工学科に、電気工学科を電気電子システム工学科に、電子工学科を電子情報通信工学科に名称変更
大学院に情報科学研究科(情報科学専攻)博士課程を増設、工学研究科の土木工学専攻を都市デザイン工学専攻と改称
摂南大学工学部の土木工学科を都市環境システム工学科に、電気工学科を電気電子工学科に、経営工学科をマネジメントシステム工学科に名称変更
広島国際大学に社会環境科学部(建築創造学科、住環境デザイン学科、情報通信学科)を増設
大阪工業大学高等学校が週5日制と2学期制を導入
2003(平成15)年
大阪工業大学に知的財産学部(知的財産学科)を増設
広島国際大学保健医療学部看護学科を看護学部看護学科へ改組
広島国際大学大学院を開設。看護学研究科(看護学専攻)修士課程、総合人間科学研究科(臨床心理学専攻)博士課程、総合人間科学研究科(医療経営学専攻、医療工学専攻)修士課程を設置
大阪工業大学高等学校が普通科を5コースに改編、工業科の募集を停止
2004(平成16)年
広島国際大学に薬学部(薬学科)を増設、大学院総合人間科学研究科に医療福祉学専攻修士課程を増設
2005(平成17)年
大阪工業大学大学院に知的財産研究科(知的財産専攻)専門職学位課程を増設
摂南大学国際言語文化学部国際言語文化学科を外国語学部外国語学科に名称変更
大学院に経営情報学研究科(経営情報学専攻)博士課程を増設
広島国際大学大学院に総合人間科学研究科(医療工学専攻)博士課程を増設
2006(平成18)年
大阪工業大学工学部を改組。昼夜開講制での募集を停止し、環境工学科、空間デザイン学科、生体医工学科の3学科を増設、経営工学科を技術マネジメント学科に名称変更
摂南大学経営情報学部経営学科を増設
薬学部を6年制に移行し、2学科編成(衛生薬学科、薬学科)を1学科編成(薬学科)に変更
広島国際大学保健医療学部に理学療法学科を増設
人間環境学部を心理科学部に、言語・コミュニケーション学科をコミュニケーション学科に、感性情報学科を感性デザイン学科にそれぞれ名称変更
薬学部を6年制に移行
大学院社会環境科学研究科(情報通信学専攻、建築・環境学専攻)修士課程を増設
大阪工業大学短期大学部が廃止(9月30日)
メインコンテンツに戻る

Copyright © Josho Gakuen Educational Foundation,2015.All Rights Reserved.